オフセットとオンデマンド

CMYK

部数などに応じて

チラシ印刷をする際に、印刷方法の種類について知っておくと何かと役に立ちます。印刷にはオンデマンド印刷とオフセット印刷があります。どんな印刷をするかによって、どちらを選ぶべきかが違ってきます。オンデマンド印刷は版を作らずにコンピュータからダイレクトに印刷します。版を作らない分、納期を短くすることが可能で、少部数の印刷であれば割安に仕上げることができます。ただし色が安定しにくかったり、ムラが出やすい、特色での印刷が出来ないといったデメリットもあります。比較的少ない部数のチラシ印刷、あるいは種類がたくさんあるチラシを少しずつ印刷したい時などに向いています。一方、オフセット印刷は版を作成して印刷します。版を作る分、オンデマンド印刷と比較して時間と費用はかかりますが、大部数になればなるほどコストパフォーマンスが良くなります。一般的な商業印刷など、大部数の印刷はまずこのオフセット印刷で行われていると考えて間違いありません。オンデマンド印刷と違い、特色を使うことができます。また、版を作成するため、印刷の品質が安定します。オンデマンド印刷と比較して、細かい文字などもシャープに仕上がるため、緻密なデザインのチラシ印刷にも向いています。つまり、チラシ印刷を少部数で早く安く仕上げたいときにはオンデマンド印刷の方が適しており、大部数できれいに仕上げたいときはオフセット印刷の方が適しているということになるのです。